外壁塗装前の養生と三角打ちの重要性


外壁塗装前の大事なステップ!サッシ回りの養生とは?

流し読みでも理解できるポイント:

  • サッシ回りの養生って何?
  • なぜ三角打ちが大事?
  • どうやって養生するの?

1. サッシ回りの養生って何?

外壁塗装をする前に、家の窓周り(サッシ)の部分を保護する作業のことを言います。窓やサッシは外壁塗装作業中にペイントが付着するリスクがあるため、事前にきちんと養生することが大切です。


2. なぜ三角打ちが大事?

  • 三角打ちとは?:シーリング材を三角形の断面にして打つ技法。
  • メリット1:三角打ちにより、シーリングの持ちが良くなり、外からの雨や風の浸入を防ぐ効果がある。
  • メリット2:見た目も綺麗に仕上がり、プロの仕事っぷりが感じられる。

3. 三角打ちのための養生の方法

一般的な養生手順の一例を以下に示します:

  1. 材料の確認
  • 養生テープ
  • シーリング材
  • 養生用のシートやフィルム
  1. 窓ガラスの掃除
    窓ガラスの汚れやホコリをきれいに取り除く。
  2. 養生テープを貼る
    窓ガラスの端から数センチの位置に養生テープを貼る。これでシーリング材が窓ガラスに直接つかないように保護する。
  3. 養生シートやフィルムを張る
    窓のフレームやサッシ部分に養生ビニールを張って、ペイントやシーリング材が直接つかないようにする。
  4. シーリング材を三角打ちで施工
    養生テープの外側に沿って、シーリング材を三角形の断面にして打つ。

まとめ

外壁塗装を行う際、サッシ周りの養生は非常に大切な作業の一つです。特に三角打ちという技法を用いることで、コーキング厚みが増し、コーキングの持ちが良くなり、家を長持ちさせることができます。業者を選ぶ際には、このような細かい作業も確認して、きちんとした施工を求めることが大切です。


外壁塗装予定の方へ、この記事が役立つことを心より願っています!適切なコーキングは家の美しさと耐久性の両方を守る鍵となりますので、是非参考にしてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA